海外のバス事情

外国の貸切バスの状況といったものも、日本での状況と混同して考えて特別困りはしません。ネットで様々な外国での貸切バスを利用してみての生の声について知る機会も得れますがいろいろと課題やお国柄はそれぞれですが共通して人々は鉄道より扱い方がライトで何だか親しみを抱いているというのは伝わってくるところです。

アメリカの場合

 次にアメリカのロスアンゼルスなどでは日本とも共通した項目として、空港と市街地を結ぶライナーとして貸切バスというかライナーバスが盛況といったところです。
 都市交通といったもののバスの占める役割、重要な状況といったものはどこの国も一緒といったところでしょうか。
アメリカアジアトラベルでは日本語ガイドを付けた貸切バスツアーサービスもあるようで、少人数からチャーター可能です。

日本語ガイド観光:アメリカアジアトラベル

 ニューヨークでも状況は近いです…ニューヨークは地下鉄の風紀が悪すぎることなどはごく有名ですが、路線バスなどについても近年いろいろと注意点も増えていますし貸切バスなども活用されるのがごく限られていたり、バスをとりまく状況といったものは課題も見通しの良い観点での展望もまちまちです。

外国の観光バス事情

 観光業界といった観点に変えてみていきましょう。観光も発展途上国、先進国ともども質やクオリティの上下が入り組み、社会では見え隠れもしています。

 そこでトルコの貸切バス関連の観光事情についてもここで話すと、トルコでの特長、一般的に日本より外国での傾向の強い項目としましては、市内の観光移動中のどこでも移動路線以内であれば乗り降りの面も含めて観光の自由度は日本よりも格段にあるといったことも興味深いと思います。

 トルコの市内観光バスは市営と民営とがあり、バスといったカテゴリーには完全に当てはまらないと思いますが、市内観光のアイテムとしてドルムシェといった名物的乗り物もあります。
 料金は市内観光バスよりやや高め、乗り降りはどこでも自由の乗合バスのようなものです。

ドルムシェの映像はこちらから